恋愛

彼氏が信じられない時にやってはいけないNG行動と別れる前の対処法

彼氏が信じられない時にやってはいけないNG行動と別れる前の対処法

今あなたは、彼氏を好きなのに信じられなくてツラい、という状況ですか?彼氏を信じられなくなると、ずっとそのことを考えてしまって疲れてしまいますよね。
彼を信じられないのは、彼を好き過ぎるからでしょうか?彼氏を信じている女性と何が違うのでしょう。
今回は、彼を信じられない原因、彼を信じられない時のNG行動、別れる前の対処法をご紹介します

彼を信じられなくなったきっかけ

彼と出会った頃の気持ちを思い出してみてください。
きっと「彼のよく話してくれるところが好き」とか、「彼はマメに連絡をくれる」といったように、出会った頃の彼を好きな理由があると思います。そして、「そんな彼を好きになった」という気持ちがあると思います。
それが、「最初の頃はよく話してくれていたのに、最近は細かいことを話してくれなくなった」とか「連絡の回数が減った」など、「彼の行動が出会った時と変わってしまった」ということから、不安な気持ちになり、彼を信じられなくなるといったことが少なくありません。

彼氏を信じられない原因

1.彼氏の行動がわからなくて気になる

彼氏とよく話をしている場合は、彼氏の行動がわからない、行動が読めないといった不安は起きにくいです。
しかし、彼があまり自分のことを話さないタイプの人や、連絡がこまめではない人の場合は、彼の行動がわからず不安になってしまいます。
彼氏であっても、行動をすべて把握することはできないのですが、何でも知りたいと思ってしまうと、彼の行動がわからないと不安になってしまいます。

2.些細なことまで疑ってしまう

「LINEの返事が以前より遅くなった」「休みの日に彼が忙しそうで、会えない日が続いた」ということがあると、なぜそうなったのか本当の理由はわかっていないにもかかわらず、彼の行動を疑ってしまう人がいます。
そのような女性は、理由を聞くのも怖いため一人で不安になり、あれこれ疑ってしまって、彼を信じられないような状況を自分で作ってしまいます。

3.自分の価値観を基準に考えてしまう

「私ならこうする」「連絡が少ないのは私を好きじゃなくなったからかも?」といったように、自分の価値観を基準にして、彼の行動を判断してしまっていませんか?
彼の行動の意味を、自分の価値観や解釈だけで勝手に決めつけてしまうため、勘違いや誤解が生じ、結果彼を信じられなくなってしまいます。
この場合「私の考えは間違っていない」と思い込んでしまうところにも問題があります。

4.過去の恋愛経験がトラウマになっている

前の彼氏に嘘をつかれていた、浮気をされたという経験があると、男性に対して不信感を持ってしまうことがあります。「人によって違う」と考えることが出来ればいいのですが、傷付いたことは次の恋愛にも影響を及ぼすことがあります。
浮気をされた経験があると「男性は浮気をするもの」と決めつけたり、「彼氏も浮気しているかもしれない」と考えてしまいます。
そして、彼の行動がすべて浮気をしているように見えてきて、勝手に疑って信じられなくなってしまいます。

5.自分に自信がない

自分に自信がない女性や自己肯定感が低い女性は、自分がすごくタイプの彼やイケメンの彼と付き合った場合に「私はすごい人と付き合っているんだ」と強く思い込む傾向があります。
そのため「彼はなぜ私を好きなんだろう」ということ自体が疑問で、愛されていることに自信がなく、彼を信じられなくなるということに繋がります。
「彼はすごい人だから、他の人に取られるのではないか」「他の女性を好きになるのではないか」という不安が常に付きまとい、それが原因で彼の行動を疑ってしまいます。

6.彼氏に嘘をつかれたことがある

彼が嘘をついていたことを知ってしまった場合は、それまでいい関係であっても、彼を信じられなくなってしまいますよね。一度彼に嘘をつかれてしまうと、どうしても「また嘘をついているんじゃないか」と思ってしまいます。
これは、彼に原因があるので、彼を信じようと思っていてもなかなか信じられないのは仕方のないことだと思います。

7.彼氏が交友関係が広い

彼氏が友人が多かったり、仕事で交友関係が広い人の場合、行動範囲も広く、女性との連絡も多くなります。男性とだけでなく女性を交えた集まりも多いかもしれません。
女性との連絡をただの友人、ただの仕事関係のやり取りと思えず、「浮気かもしれない」といつも心配になってしまいます。

彼氏を信じられない時のNG行動

彼を信じられないからと言っても、やってはいけないNG行動があります。そのNG行動を取ってしまったばっかりに、彼と別れることになってしまう可能性もあるので注意しましょう。

1.ルールを決めようとする

彼を信じられない時の対処法として、「ルールを決める」という方法があります。このことに関しては、意見が分かれると思いますが、私はお勧めしません。
大まかなルールなら構いませんが、例えば、細かなルールで「連絡を1日5回以上する」「LINEをしたらすぐに返信をする」「その日の予定を報告しあう」などと決めてしまうと、お互いを束縛するようなルールになりがちです。
女性はルールを決めることで安心するのですが、彼にとっては負担になり、束縛されていると感じてしまう可能性が高いでしょう。束縛すると、自分を信じてもらえないという彼の不満が出てきます。

2.不安に思ったことをむやみに彼に伝える

女性はつい「自分の気持ちを分かってほしい!」と思ってしまうので、「淋しい」「ツライ」といったことをすぐ口にしてしまいがちです。
しかし、男性は感情をすぐに口にはしないので、なかなか女性の気持ちを理解しにくいということがあります。
あなたが不安に思っていることを、事実や詳細を確認しないうちに、彼にむやみに伝えても、きちんと彼に伝わることはありません。特に、あなたの不安が単なる誤解だった場合は、むやみに気持ちをぶつけてしまうことで彼との関係が悪化してしまいます。
また、彼の嘘がバレてしまった場合でも、彼があなたに謝った後に、事あるごとに嘘をついたことを責めるのは、良いやり方だとはいえません。

3.暗い顔をしている

不安に思っていることがあると、言葉に出さなかったとしても、彼の前でも表情に出てしまいます。あなたが何か不満を抱えていることは表情から彼に伝わりますが、その原因までは彼にはわかりません。
彼があなたの変化に気付いて、理由を聞き話し合いができる場合はいいのですが、表情だけでいろいろ察してほしいというのは、女性側の勝手な都合です。
理由がわからないまま暗い顔をしていると、彼もいい気はしないので、お互い気持ちがすれ違ってしまう可能性があります。

4.同じ行動をやり返す

連絡が少なくなったから自分もわざと返事を遅らせたり、女性と連絡を取っていたことをしり、自分も他の男性と連絡を取って嫉妬させようとしたりするのは、よくありません。
自分が彼にされてイヤだったことをやり返しても、彼がそれで反省することは少ないです。また、「君も同じことをした!」と逆ギレされることもあり、よけい関係がぎくしゃくする可能性の方が高いです。

彼氏を信じられない時の対処法

彼を信じられなくても、彼のことは好きなので、すぐに別れるという決断はできません。そんな時はまず、次のような対処法を実践してみましょう。

彼と別れる前に、あなたができる対処法があります。

1. 彼氏を裏切らない

彼氏を信じられないという前に、まず自分が彼氏を裏切らないことがとても大切です。自分も嘘をついていたり、やましいことをしていると、彼も同じことをしているのではないかと疑ってしまします。

まず、自分が彼氏に対して誠実な行動を取るということが、彼を疑わないということに繋がってきます。

2. 彼氏に期待するのをやめる

彼を信じられない、疑うというのは、「彼はちゃんとしてくれる人だ」という期待や思い込みがあるからです。この「ちゃんと」というのは、「(あなたの)期待通りに」という意味です。

あなたは無意識のうちに、彼に自分の理想の行動を押し付けていませんか?どんな人でも、すべて自分の理想通りに動いてくれることは難しいです。

「(自分の期待通りに動いてくれない)彼を信じられない」という思考になっていないか考える必要があります。

 

3.自分が1番だと思い込まない

女性は好きな彼氏ができると、自分のことや仕事、友人関係よりも、彼氏が優先順位の1番になる人が多いです。自分が彼のことを1番に考えているため、彼にも1番に考えて欲しいと思ってしまいます。

しかし、男性の場合は彼女を好きでも優先順位が1番にならないこともあります。1番でなくても、あなたのことを好きだということに変わりはありません。

そのことを理解しておくことが、彼との考え方の違いでのすれ違いを減らすことに繋がります。

4. 何かに取り組んだり、気分転換の方法を見つける

女性は彼氏のことが優先順位の1番になりがちなので、暇さえあればどうしても彼のことを考えてしまいます。いいことばかり考えられたらいいのですが、悪いことほど考えがちです。

なので、彼以外のことを考える時間を持つことが大切になってきます。新しい勉強や興味のあることを始めてみたり、趣味がある人は趣味に没頭したり、友達に会っておしゃべりするのもいいでしょう。

彼のことでマイナスの考えが出てしまう時は、とにかく気持ちを他のことに向けることが必要にです。彼以外のことを考える時間ができれば、些細なことを考えすぎたり、余計な心配をする時間を減らすことができます。

5. 不安に思っていることを彼に伝えてみる

むやみやたらに不安な気持ちを彼にぶつけるのは逆効果だとお話ししましたが、やはり不安に思っていることは、できるなら彼に伝えた方がいいでしょう。

問題は伝え方です。自分の不安をわかってほしい!という気持ちが強いと、自分の価値観を基本に話していまい、彼にうまく伝わらない可能性が高いでしょう。

しかし、自分の気持ち・不安なことを、彼の状況や気持ちを汲みながら伝えれば、彼もあなたを理解してくれるはずです。自分のことばかりではなく、彼の気持ちも考えながら伝えることが大切です。

6.彼氏に裏切られた時の対処法を決めておく

たとえ彼を信じていたからと言って、彼から裏切られないとは限りません。人の気持ちは誰にもわかりませんし、コントロールもできません。
そして、その裏切りが突然やってくると動揺してしまって、落ち着いて今後のことを考えることもできなくなってしまいます。
そのため、もし彼氏に裏切られてしまった場合のことをあらかじめ考えておくことも必要になってきます。裏切るような彼氏とは仲良くやっていけないから別れるという選択もあるでしょうし、1回は許すという考えもあるでしょう。
彼氏が自分を裏切る前提ではないですが、万が一のために心の準備をしておくということも大事です。そうすることで、普段彼とどういう付き合い方をするかということも考えられるようになります。

まとめ

彼氏を信じられなくてツライといっても、簡単に別れることもできません。しかし、これらの対処法を実践してみることで、今までと違ったことに気付いたり、彼への気持ちも変わることがあります。
彼を信じられないということだけにとらわれずに、まずは自分の行動を変えてみることも、彼とうまく付き合う事には大切なことです。
大好きな別れを考えるのは、自分が考えや行動を変える努力をした後でも遅くはないと思うので、悩んでいる方はぜひ頑張ってみてください。