セックス・オナニー

上手な騎乗位のやり方とポイントを押さえて彼と一緒に気持ちよくなろう!

上手な騎乗位のやり方とポイントを押さえて彼と一緒に気持ちよくなろう!

みなさん、騎乗位はうまくできますか?気持ちよくて好き!という人と、上手く動けなくて苦手という人に意見が分かれやすいのが騎乗位ですよね。

私もあまり上手く騎乗位ができないのですが、上手く腰を動かせる女性はセクシーに見えますし、自分で気持ちよくなれので、とってもうらやましいです。。

騎乗位は、女性が上手に動くことができれば、男性も女性も一緒に気持ちよくなれる体位なんですよ!

というわけで、騎乗位に対する男性の意見や、上手な騎乗位のやり方・ポイントについてご紹介していきます!

騎乗位とは

騎乗位(きじょうい)とは、仰向けになった男性の上に女性がまたがり挿入する体位のこと。

男女が向き合う対面騎乗位と、女性が男性に背中を向ける背面騎乗位があります。

騎乗位の特徴は、女性が主導権を握れる体位であることです。

なので、女性が自分で動いて、自分で気持ちよくなることができますし、彼の好みの動き方をしてあげることで、一緒に気持ちよくなることができます。

 

騎乗位に対する男性の意見

1.騎乗位が好きな人の意見

顔や身体、結合部を見ることができる

騎乗位は男性が女性の顔や身体を一度に見ることができる体位です。

男性は女性の気持ちよさそうな顔や胸が揺れる様子を下から見て、セクシーだなと感じています。

また、男性は女性よりも「結合部を見たい」という人が多いので、男性にとっては、結合部がよく見えるというのが、騎乗位のメリットです。

女性は結合部を見られるのは恥ずかしいですが、男性はとても興奮してくれます。

 

乱れている姿に興奮する

普段とは違って、女性が自分で激しく腰を動かし気持ちよく喘いでいる姿を見ることできるのも、男性にとってはうれしいことです。

騎乗位で気持ちいいところに当てようと、快感に貪欲なっている彼女を見られるのが他の体位との違いです。

男性にとっては、興奮しやすい要素がたくさんあるのが騎乗位ですね。

 

女性に責められたい

セックス中に時には女性から責められたいという男性もいます。そのような責められたい男性の場合、女性主導の騎乗位はうれしい体位です。

彼女が自分のペースで動きながら、乳首など他の性感帯も責められたら男性は気持ちよくてたまらないそうですよ(笑)

 

自分の気持ち良さより女性が気持ちよくなってくれたらいい

実は、騎乗位は男性にとっては、休憩の時間であったり、それほど気持ちいい体位ではない、という意見もあります。

そのため、騎乗位の時は自分よりも彼女が気持ちよくなってくれたらいいと思っている男性も意外といるようです。

なので、騎乗位では、男性は自分の気持ちよさよりも、彼女の気持ちよさそうな姿や揺れる胸などを見て楽しんでいる人もいるようです。

 

女性の経験値がわかる、テクニックをみる

騎乗位は女性が動く体位なので、その動き方で女性の経験値やテクニックがわかります。

 

腰の動かし方や動きの滑らかさなどで、慣れているなというのは男性は感じます。

 

また、痛くないか確認しながら動く女性や、男性の反応を見ながら気持ちいい動きができる女性、ひたすら自分の気持ちよさに没頭する女性など、様々なタイプが騎乗位からわかります。

 

寝ているから楽

女性主導の騎乗位は、男性にとっては寝ている状態であまり動かなくていいため、楽な体位だといえます。中には、彼女を見るための時間や休憩時間という男性もいます(笑)

 

私は経験がないですが、本当に寝ているだけで、まったく動かない男性というのもいるそうですね(笑)

 

気持ちよさそうにしていれていれば、動いてくれなくてもいいですが、そうでなければ、ただじっとされていたら女性にしてみれば淋しいですよね~。

 

ただ、動かなくていいため快感に集中しやすいという意見も。それならうれしいですよね。

 

その他

「奥まで届いて気持ちいい」「下から見ると綺麗に見える」など

 

2.騎乗位が好きじゃない人の意見

動きによっては痛い

動き方や角度によっては痛いという意見があります。激しく動かれるとペニスが折れそうになる恐怖心もあります。
なので、激しく動いたり雑に動かれると、痛くなるんじゃないかと内心ヒヤヒヤしている男性も多いとか。。
男性の意見では「騎乗位は動き方や角度などで、合う合わないがはっきりしている」ので、女性は、男性の動き方の好み等を知らないうちは、張り切ってむやみに激しく動かない方が無難ですね。

圧迫感が苦しい

女性が全体重をしっかりとかけたり、男性のおなか側に体重がかかると、どうしても重く苦しくなってしまいます。
騎乗位の最中に「重い」と言われて、それ以降騎乗位はしなくなったという女性もいます。
男性のおなか側に体重をかけてしまうと、男性が苦しくなってしまうので、その点は注意が必要ですね。

Sの男性は自分が責めたいから

女性が主導権を握る体位のため、自分が責めたいタイプの男性はあまり騎乗位が好きではありません。
これは、責められたいタイプと自分が責めたいタイプで意見が分かれるところです。
また、女性が自分から激しく動いいる姿をあまり見たくないという男性もいるようです。
普段と違った姿が見られてうれしいという意見もあれば、恥じらいがなように見える姿が苦手だという意見も…
男性の好みによって好き嫌いがわかれやすいのが騎乗位の特徴かもしれませんね。

その他

「下から見る女性の顔が好きじゃない」「気を遣って疲れる」「すぐにイキそうになって困る」などがあります。

 

3.騎乗位に対する女性の意見

自分の気持ちいいところに当てられる

自分で気持ちいいとことに当てられるので、自分のペースで気持ちよくなれるのが女性にとってのメリットですね。

ただ、気持ちいところに当たらないという女性も。

男性の顔がよく見えるからいい

男性の顔がよく見えるのはいいところですよね。

普段は上から見られてるのに、騎乗位の時は逆に上から見ることができるので、彼をちょっと支配しているような気分になって、気分が盛り上がります。

性感帯を同時に責められる

動いていても手が空いていれば、乳首や睾丸など彼の性感帯をいくつか同時に責めやすいのが騎乗位のいいところ。

同時に責めて彼がもっと気持ちよさそうな顔になるのがたまりません!

足が疲れる・足がつる

正直、足は疲れますよね!私は前後の動きが苦手で、どうしても上下の動きが多くなるので、すぐに疲れます!(笑)

そういう女性、結構いるのではないでしょうか?!男性が支えてくれるとずいぶん楽になりますけどね~。

また、前後の動きでも頑張りすぎて足がつるという人も…(笑)

やはり、動く側は疲れますよね…(基本、セックスは男性主導の体位が多いので、そう考えると男性は体力を使いますね)

気持ちよくない

これ、みなさんはどうですか?実は、私は、上下のピストンは気持ちいのですが、前後のグラインドはほとんど気持ちよくありません!

気持ちよくなれる人は自分で気持ちいところに当てればいいのでしょうが、私の場合、気持ちいいところが見つからないので、どうしようもないと諦めていました。

それが、騎乗位が気持ちいい・気持ちよくないということには、女性の膣の向き(上付き・下付き)が関係していることがわかったのです。

ちなみに、私は下付きなのですが、騎乗位でより気持ちよくなれるのは「上付き」の女性です!

(※下付きの女性が気持ちよくなれないということではありません※)

 

 

その他

「うまく動けないから恥ずかしい」「おなかも揺れるから見られたくない」など

 

騎乗位の上手なやり方

腰の動かし方は、上下に動かす方法を前後に動かす方法の2つが基本です。

1.上下にピストンする

①ひざ下はベッドにつけて、お尻を上下させる

上下に動かす方法で、やりやすいのがこの方法です。初心者の人は、このやり方から始めてみるといいですよ。
まず、女性は膝から下はベッドにつけて、男性の上にまたがります。
そして、自分の手でペニスを支えてゆっくりと腰を下ろしながら挿入します。ゆっくり挿入することで彼も興奮しますよ。
その後、お尻をゆっくり上下に動かすことを繰り返します。慣れるまではゆっくりと上下に動かすようにしましょう。
これは激しく動かす動きではないので、焦らなくていいですよ。
ゆっくりと動かしても彼も気持ちがいいので、自分の気持ちいいポイントと彼の気持ちいいポイントをじっくり探してみましょう。

②ひざを立てて座り、お尻を上下させる

①のやり方に慣れたら、膝を立てるやり方にチャレンジしてみましょう。
まず、膝を立てて脚をM字の状態にして、腰を上下に動かします。
この姿勢は、膝下をベッドにつける動き方に比べると、女性が大きく動きやすいのです。
そのため、男性は快感が増し、男性からは結合部がより見えやすくなるので、さらに興奮することができる姿勢です。
女性もペニスが深く入るようになるため、挿入感や快感が増します。
M字の姿勢の上下運動は、女性はどうしても太ももやふくらはぎが疲れやすいので、男性に腰を支えてもらうと楽に動けるようになりますよ。
また、大きく動きやすい分、お尻を上げすぎるとペニスが膣から抜けてしまいますので、注意してくださいね。

2.前後にスライドさせる

上下の動きとは別に、腰を前後にスライドする動きがあります。
ひざ下をベッドに付けて上下に動く時と同じような姿勢で、ペニスを奥まで挿入してから前後に優しく動きます。
最初はゆっくりとスライドさせ、気持ちいポイントを確認しながら動きましょう。
気持ちいいポイントを見つけたら、だんだん速くスライドさせてみましょう。
前後にスライドさせる時は、男性の身体に全体重をかけると、お互いの骨が当たって痛くなることがあります。
また、男性のおなか側に体重をかけると男性が苦しくなるので、腰はやや浮かせながら男性の身体に水平にスライドさせるように動いてみましょう。

もっと気持ちいい騎乗位のポイント

1.ゆっくり挿入する

女性が自分からペニスを挿入する姿が見えるので男性は興奮するシーンの一つです。
ゆっくり挿入すると、男性も焦らされているように感じて興奮も高まります。

2.挿入後はすぐに動かない

挿入後すぐに動かず数秒間待つと、自分の膣にペニスの形が馴染んでフィットします。そうすることで、より快感を得られるようになりますよ。
挿入後すぐに動かしてしまうと、ペニスの形が膣に馴染んでいないので気持ちよさが減少してしまう可能性がありますので、焦らずに。。
ちなみに、挿入後にすぐに動かず、膣にペニスを馴染ませると快感が増すのは、他の体位でも同じなので、ぜひ試してみてくださいね。

3.角度や深さを変えて気持ちいいポイントを探す

騎乗位は女性が自分で動くことのできる体位なので、単調に動くだけではなく、角度や深さを変えて、膣内の自分が気持ちいいと感じるポイントを探してみましょう。

クリトリスも気持ちよく擦れるように自分で動きを調整してみてください。

気持ちいいポイントを見つけたら、速く動ける姿勢なら速く動いてみてみましょう。もっと気持ちよくなれますよ!

4.男性の好みの動きを知る

男性も人によって、騎乗位の動き方の好みが違います。どうやって動くのが気持ちいいいか彼に聞いてみるといいですね。

もしくは、自分の動きに合わせて、彼がどのような反応をしているかをよく観察して、彼の気持ちいポイントを見つけてあげましょう。

もし、聞かなくても彼の好みをわかってあげられたら、彼はもっと喜びますよ~!

5.空いてる手で彼の性感帯を刺激する

騎乗位は女性が自由に動きやすいことがメリットです。腰を動かしながら、空いている手で、彼の性感帯を責めてあげましょう。

彼の乳首や睾丸などを同時に刺激してあげると、彼をもっと気持ちよくしてあげられますよ~。

 

まとめ

騎乗位は苦手意識があると、なかなか積極的になれないですが、やりやすいやり方でゆっくり動いてみることから始めてみればいいですね。

ゆっくり動きながら自分の気持ちいポイントと彼の好みを把握すれば、気持ちいい騎乗位ができるようになります。

ぜひ、ポイントを参考に上手な騎乗位ができるように頑張ってみてくださいね~!